メールの設定・メールトラブル解消

メール設定やメール設定のトラブルについてのサポートページです。
ほとんどのメールトラブルの原因が設定ミスにあります。このページを見ながらメール追加や設定の確認をお願いいたします。

メールアカウント追加

Windows10標準メールアプリでのアカウント追加

01

1、スタートメニューからメールを選ぶ

02

2、アカウント追加を選択

03

3、詳細セットアップを選択

04

4、インターネットメールを選択

設定内容

  1. アカウント名、表示名は好きな名前をつけてOK
  2. 受信サーバーは標準サーバーの場合は「mail.ドメイン名」
    セキュアサーバー利用の場合はmxから始まるメール設定書のセキュアサーバー名を入れてください。(強く推奨)
  3. パソコンメールの場合は「POP3」を選択
    モバイルの場合は「IMAP」でもOK。
  4. メールアドレス・ユーザー名には設定するメールアドレスを入れてください。例:info@twheel.co.jp
  5. 送信メールサーバー
    2.で設定したサーバーに合わせてください。
  6. 送信サーバーは認証は必要、送信に同じユーザー名とパスワードを使うにチェック入れてください。
  7. セキュアサーバーを利用する場合は最後の2つの「SSLを使う」にチェックを入れてください。
  8. メール設定が終わりましたら、必ずチェックのために設定したメールアドレスに対して送信テストメールを送信してください。
    ※もし送受信できない場合は設定ミスが考えられます。

    設定ミスがある場合は、変更するメールアカウントを選んで本文下部の必ずチェックしてくださいを見ながら設定をチェックしてください。
    »メールアプリ画面左下の設定アイコン「◎」をクリックしたあと、画面右から【アカウントの設定】をクリックします。
     
  9. ポートも問題なく、送受信できれば設定完了です。
WINDOWS10標準メールのアカウント設定変更

左下の設定マーク「◎」を押して出てきた「設定」から「アカウントの管理」を選びます。

確認しつつ、

メールボックスの同期設定を変更
【メールボックスの詳細設定】

と確認・修正をしてください。

【ドメイン移管の場合】

ドメイン移管の場合、DNS切り替え前に同じメールアカウントを追加する必要があります。
しかしwindows10から通常の方法では同じメールアカウントを追加できなくなっています。

そこでドメイン移管の場合はプロファイルの管理からメールの追加を行ってください。

OutLook2016のメールアカウント追加

1、上部のメニューから「ファイル」を選択

2、左のメニューから「情報」を選択

3、「アカウントの作成」を選択

OutLook2010のメールアカウント追加
  1. Office Outlook 2010を起動します。
  2. メニューの[ファイル] [情報] [アカウントの追加]からメールアカウント追加の設定画面を表示します。
    ※メニューを表示しない設定の場合はメニューを表示されません。設定アイコンよりメニューバーの表示に設定を変更してくだい。
    ※Office Outlook 2010で初めてアカウントを設定する場合は、設定のウィザードが起動し、自動アカウント セットアップが始まります。その場合は“アカウントの設定”画面で「はい」を選択し「次へ」をクリックします。
  3. “新しいアカウントの追加(自動アカウント セットアップ)”画面で「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し[次へ]をクリックします。
    ※自動アカウントのセットアップでは詳細項目の設定ができないため手動設定を行います。
  4. “新しいアカウントの追加(サービスの選択)”画面で「インターネット電子メール」を選択し[次へ]をクリックします。
  5. “新しいアカウントの追加(インターネット電子メール設定)”画面で各項目を入力します。設定については2016OutLookとほぼ同じです。
    »Outlook2016アカウント情報・変更・追加の際の設定
Windows Liveメールのメールアカウント追加
  1. Windows Live メール 2011を起動します。
  2. メニューの[アカウント] [電子メール] からメールアカウント追加の設定画面が表示されます。
    ※メニューを表示しない設定の場合はメニューを表示されません。設定アイコンよりメニューバーの表示に設定を変更してくだい。
    ※Windows Live メールを初めて起動する場合は、このメールアカウント追加の設定画面が表示されます。
  3. 設定画面の各項目を入力します。入力後、[次へ]をクリックします。
    電子メールアドレス:メール管理画面で作成した「メールアドレス」を入力します。
    パスワード:そのメールアドレスを受信するアカウントのパスワードを入力します。
    表示名:メールの送信先に表示される表示名です。任意の表示名を入力します。
  4. サーバー設定の構成画面が表示されます。構成画面の各項目を入力します。設定については2016OutLookとほぼ同じです。
    »Outlook2016アカウント情報・変更・追加の際の設定

Outlook2016等で同じメールアカウントが追加できない問題への対処法(ドメイン移管時等)

Outlook2016から、通常設定では同じメールアカウントが追加できない仕様となり、サーバー切り替えの際に問題になっています。
サーバー切り替えで同じメールアカウントを追加する場合は以下の方法でメールアカウントを追加ください。

上部メニューの「ファイル」から「情報」を選択。
「アカウント設定」→「プロファイルの管理」を選択してください。

アプリのデバイスに変更を「許可」して現れる画面で「電子メールアカウント」を選択します。

【アカウントの設定】画面
「メール」タブ内にある「新規」を選択したところから新しいメールアカウントを作成します。

WIN10標準メールアプリなど上記方法以外でメールアカウントを追加できない場合(コントロールパネルからメールを追加)

コントロールパネルを開いてください。コントロールパネルのボタンが消えている設定の場合は、スタートメニューより「Windowsシステムツール」をクリックして、「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネルの右上部にある表示方法を「小さいアイコン」に変更してください。

コントロールパネルの小さいアイコンから「Mail」を選択。
あとは上記方法と一緒です。
(電子メールアカウント→新規)

OutLook2016 既存アカウント変更&アカウント設定画面

一度設定したメールアカウントの修正は3のアカウント情報から「アカウントの設定」を選択し、修正するアカウントを選んでください。

アカウントの内容に間違いがないか確認して入力を進めましょう。

全て入力したら、必ず「詳細設定」を押して当ページ下部にある詳細設定を確認しながら設定してください。

Outlook2016の詳細設定画面

【!!重要設定!!】

★サーバーにメッセージを残す(コピーを置く)を選んだ場合は必ずサーバーから削除する---日後にチェックを入れて、1−2週間程度にしておきましょう。
そうすることでメッセージはサーバーから受信後に指定期間を置いて削除されます。
サーバーに残したまま削除しなければサーバーは一杯になり受信できなくなります。

古いメールソフトでのアカウント設定画面の出し方

Outlook2010:メニューの[ファイル] → [情報] → [アカウント設定] → [アカウント設定]をクリックします。
“アカウント設定”画面で作成したアカウント名を選択し、「変更」をクリックします。
※メニューを表示しない設定の場合はメニューを表示されません。設定アイコンよりメニューバーの表示に設定を変更してくだい。

Windows Liveメール:Windows Live メールの起動画面で作成したアカウント名の上で右クリックをし、サブメニューの[プロパテイ]をクリックします。

↓必ずチェックしてください!(メールトラブルの99%は設定ミスです)

  1. メールアドレス、アカウントの間違いはありませんか?
    メールソフトの入力欄の「メールアドレス」「アカウント名」「ユーザー名」は通常 アカウント@ドメイン
    です。
  2. 受信サーバー 送信サーバーの設定を間違えていませんか?
    当サービスのメール設定書を確認してください。
    SSLを使用しない場合は送信・受信とも「mail.ドメイン」です。
    SSLを利用する場合は送信・受信とも「mx●●.secure-cms.net」です。ご注意ください。(●●についてはログイン後メニューウインドウ→システム→メール管理にて確認ください)
    受信サーバー種別はPOP3になっていますか?IMAPでも使用できますが、パソコンで使用する場合はPOP3にしておくことが無難です。
  3. 受信サーバー 送信サーバーのポートを間違えていませんか?
    受信ポートはSSLを使用しない場合は「110」。SSLを利用する場合は「995」です。
    送信ポートはSSL関係なく「587」です。(ただし古いPCの場合「25」でしか受け付けない場合がございます)
  4. 送信サーバーは認証が必要にチェックは入っていますか?
    詳細設定の(送信)サーバータブ等に送信サーバーは認証が必要というチェック項目をチェックして受信メールサーバーと同じ設定を使用するを選択してください。
  5. セキュリティ設定は正しいですか?
    SSLを利用しない場合 受信の保護(セキュリティで保護)「なし」のパスワードを保存する、
    送信の保護(セキュリティで保護)「なし」でパスワード認証あり(受信設定と同じ)
    SSLを利用する場合 受信送信とも「セキュリティーで保護された接続又はSSL/TSL(もしくは自動)」。又は受信設定と同じにしてください。

問題がある場合は必ず「詳細設定」画面も確認してください

設定ミスがないかチェックしましょう。
SSLありで設定する(強く推奨)のか無しで設定するかでも設定方法が違います。
サーバー名も含めて統一して設定してください。

設定ミスがないかチェックしましょう。

SSLありで設定するのか無しで設定するかは自由ですが、サーバー名も含めて統一しなければ利用できません。

»SSL(セキュアサーバー)なら送受信サーバー共にサーバー名は
mx○○.secure-cms.net(〇〇には個別のナンバー)
»SSLを利用しない場合のサーバー名は
mail.ドメインのアドレス
となります。

受信サーバーのポート番号はSSLありなら「995」。無しなら「110」。

また、意外と大事なのが、受信後メールサーバーにメールを残すor残さないの設定。

【重要設定】
★サーバーにメッセージを残す(コピーを置く)を選んだ場合は必ずサーバーから削除する---日後にチェックを入れて、1週間程度にしておきましょう。
そうすることでメッセージはサーバーから受信後1週間程度で削除されます。
サーバーに残したまま削除しなければサーバーは一杯になり受信できなくなります。

突然メールが来なくなった場合

受信エラーでなく突然メールが来なくなった場合、サーバーが新しいメッセージを保存してない事が考えられます。
理由は上記のメールサーバーの容量オーバーが濃厚です。

CMSにログインし、「システム」→「メール管理」
でメール管理画面でメール容量を確認できます。

もしいっぱいであれば、メール設定でメールを削除しない設定にしてしまっている可能性が高いでしょう。

【対象方法】

  1. まずは今の問題あるアカウント設定を確認して、「受信後サーバーからメールを削除しない」or「サーバーにメッセージのコピーを置くに」設定になっている場合は受信後にサーバーからメッセージが削除されるように設定してください。(上記メール設定方法参照)
  2. 今使っているアカウントをもう一つ作ってください。(削除用一時使用アカウント)
  3. その削除用アカウントの設定で「サーバーにメッセージを残す(コピーを置く)」チェックボックスを外して、受信後サーバーから削除されるようにしてください。(上記メール設定方法参照)
  4. 新しく作った一時使用アカウントで受信してください。
  5. 受信することでサーバーからメッセージが削除されます。
  6. 新しく作ったアカウントは用なしですので削除してください。
  7. テストメールを問題のあるアカウントへ送信し、メールが届けば問題解決出来ています。

信頼された証明機関から発行されていないという警告が表示される

1、まずは上記設定特にサーバー名に間違いがないかご確認ください。
特にインターネットセキュリティ警告で「対象のプリンシパル名が間違っています。」とある場合ほぼサーバー名の設定ミスです。SSLを使う場合サーバー名は「mx●●.secure-cms.net」です。

2、それでも解決しない場合はPC上で暗号の証明書のルート登録がなされない等WINDOWS固有の不具合も考えられます。

下記のサイト等から「証明書 警告 メール」等で調べてご対応してみてください。当社側で対応することが出来ない例です。

https://www.google.co.jp/search
http://oxynotes.com/
http://oxynotes.com/?p=4716
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/297681/error-message-this-security-certificate-was-issued-by-a-company-that-you-have-not-chosen-to-trust

ニュースリリース

2018.08.02

サポートページ「メールのトラブル・設定」変更

Windws10標準メールアプリのアカウント追加方法を掲載しました。

2017.12.25

年末年始のご案内

◆年末年始の休業日のご案内2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)

2017.04.14

IT導入支援事業者に登録されました

IT導入支援事業者に登録されました

2017.02.03

メールのトラブル・設定ページ追加

ユーザーサポート内にメールのトラブル・設定ページ追加しました。メールトラブルの際はまずこちらでチェックください。

2016.12.27

税理士のためのホームページ制作ページ更新

税理士のためのホームページ制作ページを更新いたしました。当社では税理士事務所のホームページ活用を応援いたします。

過去一覧を見る

【当社販売代理サービスご案内】
お気軽にご相談ください。

会社案内

株式会社ツウィール
IT導入支援事業者
〒541-0058
大阪府大阪市中央区南久宝寺町3-2-7
第一住建南久宝寺町ビル9F

 大阪 06-7878-8908

ホームページ制作を予算から見積

大阪 06-7878-8908
営業時間 10:00-17:00(土日祝除く)

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ